Home » News » Seminario di paleografia

Seminario di paleografia

Roma, 14 e 15 dicembre 2018

Dipartimento Istituto Italiano di Studi Orientali - Sapienza Università di Roma - Biblioteca - Circonvallazione Tiburtina 4

14 e 15 dicembre 2018

Il 14 e 15 dicembre 2018 si svolgerà presso la biblioteca del Dipartimento ISO della Sapienza un seminario di studio dei komonjo giapponesi in collaborazione con il NIJL, durante il quale inizieremo il censimento delle circa 750 lettere manoscritte acquisite per questa e future edizioni dell'evento. Il programma è in linea qui sotto.

 

日本歴史資料(古文書)のくずし字解読と資料調査法

-マレガ文書を通じた日伊教材開発・教授法研究のために-

 

2018年12月14日(金)第1日目

 

10:00開 会

開会挨拶:ローマ大学東洋研究学科長

 大友一雄(人間文化研究機構国文学研究資料館)

メンバー・参加者紹介:

第Ⅰ部 日本歴史資料(古文書)とくずし字解読

10:15 「日本歴史史料(古文書)の解読と内容理解」

講師:太田尚宏(人間文化研究機構国文学研究資料館)

第Ⅱ部 臼杵藩の「絵踏」制度関係文書を学ぶ

11:30 くずし字解読実践1「儀式となった絵踏」

講師:大津祐司(大分県先哲資料館)

13:00 昼休み

 

14:00 くずし字解読実践2「日常的な絵踏」

講師:佐藤孝之(東京大学史料編纂所)

15:30 休憩

15:50 くずし字解読グループワーク1

担当:松澤克行・大友一雄・三野行徳

解説:岡村一幸(臼杵市教育委員会)

通訳:高見純(人間文化研究機構国文学研究資料館)

18:00 閉 会

 

2018年12月15日(土)第2日目

 

9:30 あいさつ:廣瀬祐宏(大分県参事)

9:45 第Ⅰ部・第Ⅱ部のまとめと討論

講師:太田尚宏

第Ⅲ部 古文書調査の方法と技術を学ぶ

10:20 概要調査の方法と技術

講師:太田尚宏

11:20  コーヒーブレイク

 

12:00 ワークショップ「古文書概要調査実習」①

13:00 昼食

 

14:00 グループワーク「古文書概要調査実習」②

15:15 休憩

15:30 第Ⅲ部のまとめ

16:15 閉 会

 

Maggiori informazioni